法人向けパソコンとは

法人向けパソコンと聞かれて詳しく説明できる方は少ないと思います。そもそも個人が法人向けパソコンを使用することはできるのかなど、様々な疑問が湧いてくるでしょう。ここでは法人向けパソコンの基礎的な情報を説明していきます。

法人向けパソコンの特徴

個人向けパソコンでは動画や音楽を楽しむために音質や画質に優れていることが多いですが、法人向けパソコンでは長時間使用しても眼が疲れにくいタイプが多いです。会社の電気代節約のために省電力化されたモデル…

法人向けパソコンと個人向けパソコンとの違い

法人向けパソコンと個人向けパソコンには様々な違いがありますが、ハードウェアの面ではどのような違いがあるのでしょうか。まず第一に挙げられるのが、パソコンの強度です。個人向けの場合はスタイリッシュかど…

法人向けパソコンの注意点

性能の高さにこだわり過ぎない

パソコンは性能が高くなるほど動作や作業性の快適さが向上することから、個人でパソコンを購入する場合にこの点を重視する人も多くいます。 しかし、高性能のパソコンは性能の高いことで電力の消耗が激しくなってしまうので注意が必要です。消費電力は光熱費の高騰はもちろん、本体の熱量を上げる原因にもなります。 電子機器にとって熱は大敵で、動作不良などの故障によって会社の大事なデータが消失したという事例も少なくありません。そのため、法人向けのパソコンは性能と安全性の両面で考えることが重要と言えます。 パソコンの液晶は大きく光沢感のある物とない物の2種類に分けられていて、光沢感のある物は非光沢に比べて画面が見やすいのがメリットです。その反面、室内の照明の反射によって目に負担が掛かってしまうこともあります。業務で長時間使用するのであれば、健康面にも配慮しなくてはいけません。

不要なサービスを外してコストを削減する

新規で事業を立ち上げる場合には、最初に大量のパソコンを発注することになります。需要の増加に伴って手頃な価格になってきているとはいえ、まとめて購入するとなれば費用が高くなってしまうのは否めません。そのため、法人向けのパソコンを購入する場合は、不必要なサービスを取り除いていくことが重要となります。 基本となるのが延長オプションです。法人向けのパソコンは個人向けに比べてメーカーからのサポート期間が長いのはもちろん、希望することで延長することができます。メーカーによって若干の違いはありますが、1台辺り5000円前後の費用が掛かるため、利用している台数に比例してコストの負担が大きくなるのは避けられません。数年の延長期間で故障が発生する確率はそれほど高くはないので、導入台数で加入の有無を判断することがコスト削減のコツです。

法人向けパソコンの見るべきポイント

ここまでで基本的な法人向けパソコンの機能がお分かりいただけたと思います。では、法人向けパソコンを購入する際にどういったポイントを見ていくと良いでしょうか。ここでは実際に購入するときの情報を詳しくお伝えしていきます。

法人向けパソコンのメリット

法人向けパソコンが一般家庭向けパソコンと違うのは、最低限のアプリケーションソフトしか入っていないところです。会社の使い方に合わせてスペックをカスタマイズできます。見た目も一般家庭向けパソコンとは違…

Learn more

法人向けパソコンのデメリット

個人向けのパソコンは家電量販店などに売られていて、買った後自宅に持ち帰って電源を入れたらすぐに使えるようになっています。OSの他に事務作業用のソフトやインターネットブラウザ、セキュリティソフトがす…

Learn more

法人向けパソコンの選び方

個人で使うパソコンとは違って、法人向けパソコン選ぶ際には絶対に必要なポイントがあります。それはとにかくシンプルである事です。スペックについては、業務を行う上でユーザーがストレスに感じないスピードが…

Learn more