法人向けパソコンと個人向けパソコンとの違い

ハードウェアの違いについて


法人向けパソコンと個人向けパソコンには様々な違いがありますが、ハードウェアの面ではどのような違いがあるのでしょうか。まず第一に挙げられるのが、パソコンの強度です。個人向けの場合はスタイリッシュかどうかを重視しているため、高い強度が保たれていないケースがあります。一方、法人向けの場合は壊れることなく長期間使い続けられるかどうかが重要なので、比較的頑丈に作られています。またディスプレイについては、個人向けの場合は綺麗に映るかどうかが大切です。しかしながら法人向けの場合は、長時間見ていても目が疲れないかどうかが重要視されており、画面の美しさはあまりこだわっていません。その他、キーボードの配列や保守性の部分でも異なっているケースが多いです。

ソフトウェアにも違いがある


法人向けと個人向けのパソコンには、ソフトウェアの部分でも様々な違いがあります。一般向けのパソコンの場合、趣味やプライベート、遊びの部分でもパソコンを有効活用できるように、様々なソフトが大量にインストールされているケースが多いです。しかし、ビジネスの現場で使う法人向けパソコンは、基本的に仕事で必要なソフトウェアしかインストールされていません。表計算ソフトや文書作成ソフトなど、業務を円滑に進めるためのソフトが入っています。また法人向けのパソコンの場合は、職種に特化した比較的高額なソフトをインストールするケースもあります。Webデザイナーであれば、高機能な画像作成ソフトが必要ですし、設計を行うのであればCADが欠かせないソフトです。