法人向けパソコンの特徴

個人向けパソコンと法人向けパソコンの違い


個人向けパソコンでは動画や音楽を楽しむために音質や画質に優れていることが多いですが、法人向けパソコンでは長時間使用しても眼が疲れにくいタイプが多いです。会社の電気代節約のために省電力化されたモデルも見られます。OSについては、法人向けパソコンでは企業向けエディションが搭載されています。付属ソフトウェアも個人向けパソコンよりも少なく、シンプルな構成となっているのが特徴です。また、法人向けパソコンにはPCリサイクルマークがついていない場合が多いです。そのため、廃棄する場合はリサイクル費用を支払わなければなりません。法人向けパソコンの価格が安い理由の一つは、リサイクル費用が価格に含まれていないからなのです。

保守性が高い法人向けパソコン


法人向けパソコンは保守性が高いという特徴があります。パソコンに問題があった場合、早急に復旧させることが求められるので、メンテナンスのしやすさが重要です。バッテリーやHDDなどのパーツが交換しやすくなっており、メモリも増設しやすい構造で作られています。外部からの衝撃にも強く、物理的にも壊われにくいことも特徴です。パソコンに不具合が起き、自力での修理が難しい場合ではメーカーからのサポートを受ける必要がありますが、個人向けパソコンではサポート期間は1年である場合が多いです。対して、法人向けパソコンは1年以上サポートが続く場合があり、サポート期間を延長できるサービスも提供されています。セキュリティ面も重要視され、指紋認証などの機能が備わっているモデルも見られます。