法人向けパソコンのデメリット

購入後にすぐ使えない可能性


個人向けのパソコンは家電量販店などに売られていて、買った後自宅に持ち帰って電源を入れたらすぐに使えるようになっています。OSの他に事務作業用のソフトやインターネットブラウザ、セキュリティソフトがすでにインストール済みです。個人向けパソコンでないパソコンとして法人向けパソコンがあり、メーカーのサイトから個人でも購入できるときがあります。いろいろなメリットもある反面デメリットもあるので、デメリットが気にならないなら購入しても良いでしょう。デメリットとして余計なソフトは入っていなくて、基本的にはOSのみしかインストールされていません。インストール作業はそれなりに時間がかかるので、買った後1日ぐらいは初期設定作業が必要でしょう。

リサイクル費用が別途発生する


テレビや冷蔵庫などはリサイクルが必要な家電製品で、買い替えなどで処分をするときはリサイクル費用を負担する決まりになっています。パソコンに関してもリサイクルが必要になっていますが、個人向けパソコンは販売価格の中にリサイクル費用が含まれています。そのため処分をするときは別途処分費用は必要なく、メーカーなどに着払いで送れば全く費用がかかりません。法人向けパソコンは裏面を見るとわかりますが個人向けパソコンのようにリサイクルを意味するシールが貼られていません。購入時の価格にリサイクル費用が含まれていないため、処分をするときはテレビなどの家電と同様にリサイクル費用を負担しなければいけません。処分をするときの手続きが個人向けより面倒になるでしょう。